2021年9月14日開催

株式会社電算システム
特別セミナー
開催レポート

株式会社
電算システムから

株式会社
電算システム
ホールディングスへ

- 新生電算システムグループの目指すもの -

開催概要

2021年9月14日に「株式会社電算システムから株式会社電算システムホールディングスへ」(主催:株式会社電算システム)をオンライン開催いたしました。

セミナーサマリ動画

 当セミナーは、2021年7月1日に持株会社体制へ移行した当社が目指す形をご紹介するだけでなく、日本企業のデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)推進に必要な要素をお持ちのパートナー企業にもご登壇いただいています。
 当社ソリューションに限定することなく、パートナー企業のソリューションまで広くご紹介差し上げることで、みなさまがDXを推進する上での何かしらのヒントとなればと思い、開催に至りました。

メインセッション

メインセッションでは持株会社体制に移行した
電算システムの事業部の一部をご紹介しながら、
基調講演として内閣サイバーセキュリティセンター
副センター長の山内氏に
サイバーセキュリティとDXをテーマにご講演いただきました。

また、人事系BPOの雄であるエイチアールワン株式会社からは代表取締役社長の武谷様より、
BPOの活用についてご講演いただいています。

ご挨拶

株式会社電算システムホールディングス 代表取締役会長

宮地 正直

株式会社電算システムの歴史と方向性

 電算システムの成り立ち、理念、方向性についてお話をするとともに、ご参加のみなさまへ御礼を申し上げました。本セミナーを通じて、当社の夢や方向性をご理解いただきたい旨を述べさせていただいています。

ご祝辞

グーグル・クラウド・ジャパン合同会社 日本代表

平手 智行 氏

※オンデマンド配信対象外

プレミアパートナーである電算システムへの感謝と期待のお言葉

 電算システムホールディングス設立のご祝辞を頂戴し、グーグル・クラウド・ジャパンをはじめとしたGoogleの特徴・提供価値についてお話をいただきました。企業の日常業務にGoogleが関わることが認知されていない初期段階からパートナー体制を築いてきた電算システムに期待を寄せている旨のメッセージをいただいています。

新生電算システムのご紹介

株式会社電算システム 代表取締役社長執行役員

高橋 譲太

電算システムの「新たな挑戦」について

 2021年7月に持株会社体制へ移行、その中核となる事業会社の電算システムが開始する「新たな挑戦」について、重点事業領域とともにご紹介いたしました。

DX事業本部設立の経緯とサービス内容のご紹介

株式会社電算システム 専務取締役執行役員 DX事業本部長

八剱 洋一郎

デジタルトランスフォーメーションの脅威とチャンス

 デジタルトランスフォーメーションを脅威の側面から捉え、具体的な事例をもってご紹介いたしました。また、お客様のDX推進についてのDX事業本部の基本方針やパートナリング体制をはじめとした当社が提供するソリューションについて説明させていただいています。

セキュリティ事業部のご紹介

株式会社電算システム 常務取締役執行役員
セキュリティ事業部長 八島 健太郎

セキュリティ事業本部 副本部長 西澤 泰夫

セキュリティインシデント事例と事業コンセプト・戦略のご紹介

 昨今のセキュリティインシデントの事例からサイバーセキュリティリスクについてご説明し、セキュリティ事業部がお客様に提供する具体的なコンセプトや戦略をご紹介させていただきました。

クラウドインテグレーション事業部のご紹介

株式会社電算システム 常務取締役執行役員
クラウドインテグレーション事業部長

渡邊 裕介

デジタルイノベーションでお客様とともに歩む

 多様なDXの定義をデジタル・イノベーションと定義し、これに対してクラウドインテグレーション事業部が提供する具体的な事例をご紹介いたしました。また、Googleパートナーとして長く活動をしてきた実績についても数字をもってご説明させていただいています。

【基調講演】我が国のサイバーセキュリティ戦略

内閣官房 内閣サイバーセキュリティセンター
副センター長 内閣審議官

山内 智生 氏

日本のサイバーセキュリティ戦略と企業ができること

 前半は内閣官房長官を本部長とする内閣サイバーセキュリティセンターの体制やコンセプトをご紹介いただき、後半は山内氏の私見も交えて企業がどのようにサイバーセキュリティ対策に取り組むのかをお話いただきました。

人事部門の役割変化、中長期的課題とBPOの活用

エイチアールワン株式会社 代表取締役社長

武谷 啓 氏

人事部門を取り巻く環境変化に対するBPO活用手段

 人事部門を取り巻く多様性/多様化が求められる環境への変化に対し、ローコンテクスト化と自社の相対化が必要となることを例示とともにご説明いただき、BPOの活用が打ち手の一つになり得ることをお話いただきました。

ブレイクアウト
セッションA会場

メインセッション終了後、会場を2つに分けて
ブレイクアウトセッションを開催いたしました。

ブレイクアウトセッションA会場では、
基幹システムにSAPやOracleをご採用されている企業様の2025年(2027年)問題にアプローチする日本リミニストリート様、
海外拠点の財務会計管理やグループ経営に課題を抱える企業様に向けたマルチブック様、
日本を代表するセキュリティ企業であるラック様、
単なるタスク管理に留まらないワークマネジメントツールのAsana Japan様にご講演をいただきました。

デジタル投資原資を作るユニークなアプローチ

日本リミニストリート株式会社 代表取締役社長

脇阪 順雄 氏

リミニストリートはお客様がDXをするための原資を作り出す

 DX推進に必要な原資を捻出する上で、基幹システムの運用、維持に要する投資コストを削減することが一つの選択肢となり、リミニストリートはこれに対するサポートを提供できることを国内やグローバルの事例を交えてご説明いただきました。

multibookメソッドの最速導入で全海外拠点でのデータドリブン経営を実現する

株式会社マルチブック 代表取締役CEO

渡部 学 氏

海外拠点の財務会計管理が抱える課題とデータドリブン経営

 グループ経営の中で、海外拠点の状況把握や利用システム差異がグループ全体でのDX推進課題となることが多く、また、渡部氏の経験も踏まえ、データドリブン経営のためにはデータを用いる場を設けることが重要といったシステム外のポイントまでお話いただきました。

DX成功を妨げるサイバーリスク ビジネスのスピードを落とさない解決アプローチ

株式会社ラック デジタルイノベーション事業部
事業戦略部長

隠岐 祥一 氏

DXの成功のカギは、脆弱性マネジメントにある

 DX推進においてSaasやクラウドサービスの活用が進む中、Webアプリケーションがサイバー事故の起点となることが多い事実をご紹介いただき、どのように脆弱性をマネジメントするかがDX成功のカギを握ることをお話いただきました。

お客様から学ぶ、コロナ禍で成功したDX成功の秘訣と今後の新たな働き方イノベーション

Asana Japan 株式会社
代表取締役社長 ゼネラルマネージャー

田村 元 氏

コロナ禍で露呈した働き方・生産性の課題とお客様のワークマネジメント実践事例

 コロナ禍により、以前にも増して働き方や生産性に焦点があたる中、仕事を起点にワークマネジメントを行うことで実際に業務や働き方を改善されたお客様の実践事例を交えて分かりやすくご解説いただきました。

ブレイクアウト
セッションB会場

ブレイクアウトセッションB会場では、
事務系BPOや決済サービスといった一見
DXに無関係でありながらも
デジタル化困難な業務領域をカバーする当社ソリューションのご紹介や
アスコエパートナーズ様より住民としての私たちにも関係する行政DXについてご講演いただきました。
また当社DX事業本部より、お客様のDX推進の一助になればと新サービスをご紹介させていただいています。

DSK東濃BPOセンターのご紹介

株式会社電算システム 専務取締役執行役員 IT開発本部長

小林 領司

デジタル化が進む中でも、外せないアナログ業務がある

 デジタル化の進む世の中ではあっても多様な要因より紙が残る、オペレーターが必要になるといったデジタル化が困難な業務領域があり、これに対して当社のBPOセンターの設備や具体例をご紹介するとともに、BPOでデジタルの隙間を補完する手段についてご説明させていただきました。

決済サービスのデジタル化とキャッシュレス化

株式会社電算システム 取締役執行役員
決済サービス事業部長

辻本 治

決済手段の多様化と事業者が抱える課題、当社の価値提供

 決済のキャッシュレス化が進む中でも当社の収納代行サービスは成長を続けている一方で決済サービスが多様化する近年において、決済サービス事業部が進める事業者のニーズに則した価値提供について、将来像も踏まえてご説明させていただきました。

『行政サービスを通じた新しい行政DXの実現:手続きオンライン化の先にあるもの』

株式会社アスコエパートナーズ 代表取締役社長

安井 秀行 氏

手続きオンライン化に留まらないアスコエパートナーズが考える行政DX

 行政手続きのオンライン化も重要ではあるものの、行政DXの実現には行政手続きのサービスアップが求められることをご解説いただきました。必要な手続きの明瞭化、手続きのワンストップ化・ノンストップ化、手続自体を不要にするためにアスコエパートナーズが取り組む内容をご紹介いただいています。

DX事業本部 新サービスのご紹介

株式会社電算システム DX事業本部 コンサルタント

小西 広朗

お客様が主体的であられるよう最大限のサポートをご提供

 自身をよく知るお客様が熟慮される以上の戦略はないとの基本方針より、お客様がDXを推進する上で不足してくる要素をご提供することが最適解ではないかと考えていることをご説明させていただきました。また、そのためにDX事業本部がお手伝いできるであろうことをご紹介させていただいています。

おわりに

当日は長時間に渡って
ご参加いただき、ありがとうございました。
開催前想定を超える多くの方にご視聴いただき、
アンケートでも多くのご意見・ご感想を頂戴いたしました。
本規模でのセミナー開催は当社初の試みでしたが、今後も継続して開催したいと考えています。

引き続き、当社ならびにご登壇企業様をご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。